なごみ歯科・矯正歯科

大阪市東住吉区で歯科・歯医者をお探しの方は
【なごみ歯科・矯正歯科】まで

大阪市東住吉区で歯科・歯医者をお探しの方は
【なごみ歯科・矯正歯科】まで

なごみ歯科・矯正歯科

〒546-0032

大阪市東住吉区東田辺1丁目14−1
(東住吉区役所のとなり)

TEL.06-6115-8910

診療時間
09:30~12:30
14:30~19:30

休診日:火曜・日曜・祝日

★…土曜午後は14:00~17:30

新着情報

Information
2022年05月31日
[ホームページを公開いたしました]

大阪市東住吉区のなごみ歯科・矯正歯科です。本日、ホームページをリニューアルしました。どうぞよろしくお願いいたします。相談会等のお知らせも徐々に発信していきます。

ブログ

Blog
2023年11月09日
[2023年12月 矯正・インプラント相談会 |大阪府大阪市東住吉区東田辺にあるなごみ歯科・矯正歯科]

なごみ歯科・矯正歯科は、大阪市東住吉区東田辺にある歯科医院です。院長の東和田慶直は、一般歯科・小児歯科・インプラント治療、ホワイトニングを担当しています。副院長の東和田睦は、日本矯正歯科学会の認定医で、矯正歯科、ホワイトニングを担当しています。

なごみ歯科・矯正歯科では、インプラント治療相談会を実施しています。インプラント治療は、失った歯を人工の歯根で支える治療法です。なごみ歯科・矯正歯科では、インプラント治療に精通した医師が、患者さんのご希望やお口の状態に合わせて、最適な治療プランをご提案いたします。

なごみ歯科・矯正歯科では、クレジットカードやデンタルローンによるお支払いも可能です。現在はクレジットカードはVISA、MASTERのみ使用可能です。

なごみ歯科・矯正歯科は、患者さんのご希望やお口の状態に合わせて、最適な治療をご提供いたします。インプラント治療や矯正歯科治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

当院ホームページへ

2023年10月20日
[口臭が消える!舌苔の除去から歯周病の治療まで、口臭の原因別対策法]

こんにちは、なごみ歯科・矯正歯科の院長東和田慶直です。今回は、口臭治療方法についてお話ししたいと思います。

治療風景

目次


  1. 口臭の原因と種類

  2. 口臭の治療方法

  3. 口臭の予防方法

  4. まとめ

①口臭の原因と種類

口臭とは、口から発せられる不快な臭いのことです。口臭には、生理的口臭と病的口臭の2種類があります。

生理的口臭とは、誰でも起こりうる一時的な口臭のことです。朝起きたときや空腹時、緊張しているときなどに起こります。これは、唾液の分泌が減少し、口の中の細菌が増えることで、揮発性硫黄化合物(VSC)、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドの物質が発生するためです。VSCは温泉のガスのような臭いを持ちます。生理的口臭は、歯磨きや食事をすることで改善されます。

病的口臭とは、何らかの病気や異常が原因で起こる持続的な口臭のことです。口臭の原因の約90%は、口腔内にあります。揮発性硫黄化合物(VSC)、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドが挙げられます。主なものは以下の通りです。

  • 歯周病:歯を支える歯茎や骨が炎症を起こす病気です。
  • 虫歯:歯に穴が開く病気です。虫歯菌が食べかすや歯垢を分解して口臭産生物質を作ります。
  • 歯垢や歯石:食べ物や唾液などが固まったものです。細菌の塊で口臭産生物質となります。
  • 舌苔:舌に付着する白い苔状のものです。細菌や食べかすなどが含まれており、口臭産生物質を作ります。

そのほかにも、入れ歯や義歯、金属製の被せ物なども、汚れや隙間が溜まって口臭の原因になることがあります。

また、口腔外にも口臭の原因となる病気があります。鼻や喉、胃や腸などの消化器系、肝臓や腎臓などの内分泌系、呼吸器系などが挙げられます。これらは、特有の臭いを持つ物質を血液や呼気に混入させて口から出すことで口臭を引き起こします。

②口臭の治療方法


口臭の治療方法は、原因によって異なります。まずは自分の口臭の原因を知るために、歯科医院で検査を受けることが大切です。

検査では、以下のような方法で口臭を測定します。

  • ガスクロマトグラフィー:VSCやその他のガス成分を分析する機器です。数値化して客観的に評価できます。
  • 官能テスト:医師が鼻で匂いを嗅いで評価する方法です。主観的ですが、臭いの種類や強さを判断できます。
  • 口腔内検査:歯周病や虫歯などの口腔内の状態をチェックします。歯垢や歯石、舌苔の量や色も確認します。

クリニックレベルでは、ガスクロマトグラフイーや官能テストを行えるところはほとんどありません。当院でも行えません。また、検査の結果によって、以下のような治療を行います。

  • 口腔内の治療:歯周病や虫歯などの病気を治療します。歯垢や歯石、舌苔の除去も行います。入れ歯や義歯、被せ物などに問題があれば修正します。
  • 口腔外の治療:鼻や喉、消化器系、内分泌系、呼吸器系などの病気が原因の場合は、専門医に紹介して治療を受けます。
  • 生活指導:食生活や喫煙、ストレスなどの生活習慣に関するアドバイスを行います。口腔清掃や水分補給などのセルフケアも指導します。

口臭の予防方法

口臭の予防方法としては、以下のことが重要です。

  • 歯磨き:食後や就寝前には必ず歯磨きをしましょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシなども使って隙間の汚れを落としましょう。
  • 舌清掃:舌苔は口臭の主な原因です。舌ブラシやタオルなどで舌をこすって舌苔を除去しましょう。朝起きたときに行うと効果的です。
  • 喫煙:タバコは口臭だけでなく、歯周病や虫歯のリスクも高めます。禁煙することが望ましいですが、難しい場合は最低でも歯磨きや洗口液で口をすすぎましょう。
  • 定期検診:自分では気づかない口臭や口腔内のトラブルがあるかもしれません。半年に一回は歯科医院で検診を受けてクリーニングをしてもらいましょう。

まとめ

口臭は誰にでも起こりうる現象ですが、放っておくと自分だけでなく周りにも不快感を与えてしまいます。また、何らかの病気が隠れている可能性もあります。口臭治療方法についてお話しましたが、一番大切なことは予防です。日頃から口腔清掃や水分補給、食生活など日頃から口腔清掃や水分補給、食生活などに気を付けて、口臭を予防しましょう。もし口臭が気になる場合は、なごみ歯科・矯正歯科で検査を受けてください。私たちは、あなたの口臭の原因を見つけて、最適な治療方法を提案します。あなたの笑顔と健康をサポートします。

以上が、口臭治療方法についての記事でした。

なごみ歯科・矯正歯科のホームページへ

2023年10月06日
[歯と歯がくっついているのは病気?癒合歯・癒着歯の原因と対策]

こんにちは、なごみ歯科・矯正歯科の院長東和田慶直です。今回は、歯の癒合歯・癒着歯についてお話ししたいと思います。

歯の癒合歯とは、2つ以上の歯がくっついて生えてくる現象のことです。乳歯でよく見られるもので、下の前歯が癒合するケースが多いです。癒合歯は先天的なもので、ご両親には何の責任もありません。

この記事では、歯の癒合歯・癒着歯の原因や特徴、注意点や治療法について解説します。また、当院でおこなっている癒合歯・癒着歯の対応についても紹介します。

説明

1. 歯の癒合歯・癒着歯の原因


乳歯の癒合歯は、お母さんのお腹の中にいるときに、歯になるもととなる「歯胚」という卵のようなものが隣り合ってくっついてしまうことで起こります。この時にくっつく部分によって、癒合歯と癒着歯という2種類に分けられます

•  癒合歯:2つの歯胚がエナメル質や象牙質という中の部分でくっついているものです。中で神経がつながっている場合もあります。

•  癒着歯:2つの歯胚がセメント質という根っこの部分でくっついているものです。

なぜ歯胚がくっついてしまうかは、はっきりとした原因はわかっていません。

歯胚とは?歯科医師会のホームページより

2. 歯の癒合歯・癒着歯の特徴


歯の癒合歯・癒着歯は、乳歯でも永久歯でも起こりますが、乳歯で見られることが多く、下顎前方部で発生する割合が高いです。具体的には、以下のような特徴があります。

•  下顎乳中切歯(A)と乳側切歯(B)か、下顎乳側切歯(B)と乳犬歯(C)が癒合するケースが多いです。

•  癒合している部分は凹凸があるため、汚れや食べカスが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすいです。ただ前歯部は磨きやすいためにそこまでリスクは高くないです。

•  癒合している乳歯は生え変わりに遅れたり、後継する永久歯が欠損していたりすることがあります。

癒合歯・癒着歯の割合についての論文

3. 癒合歯・癒着歯の状態を確認する


癒合している部分は見た目だけでは判断しにくい場合もあります。また、癒合している乳歯は生え変わりに影響を与える可能性もあります。そのため、以下のような方法で正しい診断を受けることが大切です。

•  歯科用レントゲン写真を撮って、癒合している部分や後継する永久歯の有無を確認する。癒合歯・癒着歯があるとどうしても生え変わりが遅くなります。適切な時期に自然に生え変わってくれるように定期的に観察します。

4. 歯の癒合歯・癒着しの処置法


歯の癒合歯・癒着歯の治療法は、癒合している部分の位置や大きさ、神経の有無、後継する永久歯の有無などによって異なります。一般的には、以下のような処置法があります。

•  癒合歯のまま放置する:癒合歯が虫歯や歯周病になっていない場合や、生え変わりに問題がない場合は、特に治療する必要はありません。ただし、定期的に検診やクリーニングを受けて、口内環境を良好に保つことが重要です。

•  癒合歯を抜歯する:癒合歯が大きくて切断できない場合や、後継する永久歯が欠損している場合は、癒合歯を抜歯することもあります。抜歯した後は、インプラントやブリッジなどで補うことができます。

5. まとめ

今回は、歯の癒合歯・癒着歯について解説しました。癒合歯・癒着歯は先天的なもので、2つ以上の歯がくっついて生えてくる現象です。乳歯で多く見られますが、永久歯でも起こります。癒合している部分は汚れやすく虫歯や歯周病になりやすいため、注意が必要です。癒合歯の原因や特徴、注意点について解説しました。

•  当院では、癒合歯の患者さんに対して診断と適切な治療を行っています。また、定期的なメインテナンスも行っています。お口の健康に関するご相談やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

なごみ歯科・矯正歯科のホームページへ

2023年09月30日
[2023年10月 矯正・インプラント相談会 |大阪府大阪市東住吉区東田辺にあるなごみ歯科・矯正歯科]
相談会画像

なごみ歯科・矯正歯科は、大阪市東住吉区東田辺にある歯科医院です。院長の東和田慶直は、一般歯科・小児歯科・インプラント治療、ホワイトニングを担当しています。副院長の東和田睦は、日本矯正歯科学会の認定医で、矯正歯科、ホワイトニングを担当しています。

なごみ歯科・矯正歯科では、インプラント治療相談会を実施しています。インプラント治療は、失った歯を人工の歯根で支える治療法です。なごみ歯科・矯正歯科では、インプラント治療に精通した医師が、患者さんのご希望やお口の状態に合わせて、最適な治療プランをご提案いたします。

なごみ歯科・矯正歯科では、クレジットカードやデンタルローンによるお支払いも可能です。現在はクレジットカードはVISA、MASTERのみ使用可能です。

なごみ歯科・矯正歯科は、患者さんのご希望やお口の状態に合わせて、最適な治療をご提供いたします。インプラント治療や矯正歯科治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

当院ホームページへ

2023年09月18日
[健康な歯を削るのはなぜ?歯科医が教える削る理由とメリット]

こんにちは、なごみ歯科・矯正歯科の院長東和田慶直です。今回は、健康な歯を削る場合についてお話ししたいと思います。自分も歯を削られたと言われたことがあります。健康な歯を削ることには、多くの人が抵抗があると思います。実は、健康な歯を削ることには、さまざまな理由や目的があるのです。この記事では、健康な歯を削る場合の理由や目的、メリットやデメリットについて詳しくご紹介します。健康な歯を守るためにぜひお役立てください。

診療風景

目次


  1. 健康な歯を削る理由と目的

  2. 健康な歯を削るメリットとデメリット

  3. 健康な歯を削らないで済む方法
  4. まとめ

①健康な歯を削る理由と目的

健康な歯を削ることには、以下のような理由や目的があります。

  • 咬み合わせ調整のため:咬み合わせとは、上下の歯が噛み合う位置や関係のことです。咬み合わせが悪いと、歯や顎に負担がかかり、虫歯や歯周病、顎関節症などのトラブルを引き起こす可能性があります。咬み合わせを調整するためには、力の分散やバランスを整えるために、健康な歯を少し削って形や高さを変えることがあります。
  • ブリッジ治療のため:ブリッジ治療とは、失った歯の両隣の健康な歯を支えにして、人工の歯をかぶせる治療法です。ブリッジ治療では、支えにする両隣の歯にも被せ物をするために、健康な歯であっても大きく削る必要があります。これはブリッジ治療の欠点でもあります。

ブリッジとは?日本補綴歯科学会

  • 入れ歯の保持のため:入れ歯とは、失った歯を人工的に補う装置です。入れ歯は噛む力で動いてしまうことがありますが、それを防ぐためには、入れ歯にバネやストッパーをつけて健康な歯に引っかけることがあります。そのためには、健康な歯に少し溝や穴を作るために削る必要があります。
  • 審美治療のため:審美治療とは、見た目を美しくするための治療法です。審美治療では、セラミックやベニアなどの素材で作った人工の歯を自分の歯にかぶせることがあります。その場合、人工の歯と自分の歯の厚みや色合いを調整するために、健康な歯を少し削って形や大きさを変えることがあります。
  • 歯列矯正治療のため:歯列矯正治療とは、ガタガタや出っ歯などの不正咬合(噛み合わせ)を正す治療法です。歯列矯正治療では、歯を動かすためのスペースを作るために、健康な歯を少し削って隙間を調整することがあります。これは、抜歯や歯列を拡げる方法とは別の方法です。

②健康な歯を削るメリットとデメリット


健康な歯を削ることには、メリットとデメリットがあります。メリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 咬み合わせが改善される:咬み合わせが改善されると、歯や顎にかかる負担が減り、虫歯や歯周病、顎関節症などのトラブルを予防できます。また、噛む力や効率が向上し、消化や栄養吸収にも良い影響があります。
  • 歯の機能や見た目が改善される:ブリッジ治療や入れ歯、審美治療などで、失った歯や不満のある歯を人工の歯で補うことで、噛む機能や見た目が改善されます。これにより、食事や会話などの日常生活の質が向上します。
  • 歯の移動や変形が防止される:歯列矯正治療で、ガタガタや出っ歯などの不正咬合を正すことで、歯の移動や変形を防止できます。これにより、噛み合わせのトラブルや審美的な問題を予防できます。

デメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 歯質が弱くなる:歯を削ることで、歯質が弱くなり、虫歯や知覚過敏などのトラブルになりやすくなります。また、削った部分は二度と元に戻らないため、将来的に再治療が必要になる可能性もあります。
  • 被せ物や入れ物が外れたり壊れたりする:ブリッジ治療や入れ歯、審美治療などで使用する被せ物や入れ物は、噛む力や衝撃によって外れたり壊れたりする可能性があります。その場合は再度治療を受ける必要があります。
  • 歯列矯正治療に時間がかかる:歯列矯正治療では、歯を動かすために時間がかかります。また、装置をつけている間は清掃や食事に注意する必要があります。さらに、治療後もリテーナー(固定装置)をつけて定期的に通院する必要があります。

③健康な歯を削らないで済む方法

健康な歯を削らないで済む方法としては、以下のようなものがあります。

  • 予防歯科:予防歯科とは、虫歯や歯周病などのトラブルを起こさないようにするための取り組みです。予防歯科では、自宅での正しいブラッシングやフロス使用、フッ素塗布などのセルフケアと、定期的なプロフェッショナルケア(PMTC)と呼ばれる歯科医師による専門的な歯のクリーニングや検査を行います。予防歯科を続けることで、虫歯や歯周病などのトラブルを未然に防ぎ、健康な歯を保つことができます。
  • インプラント治療:インプラント治療とは、失った歯の根っこに人工の根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。インプラント治療では、失った歯の両隣の健康な歯を削る必要がありません。また、自然な噛み心地や見た目を得ることができます。ただし、インプラント治療には高度な技術や設備が必要であり、費用も高くなります。

④まとめ

健康な歯を削ることには、さまざまな理由や目的があります。健康な歯を削ることには、メリットとデメリットがあります。健康な歯を削らないで済む方法もあります。私たちなごみ歯科・矯正歯科では、患者さんのお口の状態やご希望に合わせて、最適な治療法をご提案します。健康な歯を守るために、ぜひご相談ください。

なごみ歯科・矯正歯科 東和田慶直

なごみ歯科・矯正歯科のホームページへ

院長あいさつ

院長

東和田 ひがしわだ慶直 よしなお

患者さんに寄り添う
歯科医院をめざして

こんにちは。なごみ歯科・矯正歯科院長の東和田慶直です。
この度は当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。生まれ故郷である大阪市で地域医療に貢献したいと考え、東住吉区で開業致しました。

地域の皆さんにいつまでも生き生きと健やかに過ごしていただきたく、お口の健康を考えることによって、自身の健康と向き合っていただける方を増やしたいと思っております。
また、歯科治療の内容に納得していただけるように患者さんとのコミュニケーションを大事にしております。患者さんの気持ちに寄り添える歯科医院をつくっていこうと考えております。よろしくお願い致します。

院内・設備紹介

Clinic
受付
受付

スタッフが明るく笑顔でお迎えいたします。

キッズスペース
キッズスペース

お子さん連れの方も通いやすいよう、キッズスペースを設置しました。

診療室
診療室

圧迫感や緊張感を感じないように広々としています。

なごみ科・
矯正科に
ついて

ゾウは家族思い、仲間愛の非常に強い動物といわれています。このようなゾウの習性をもとに、当院の患者さんにも愛情深く、丁寧な診療していきたいと思い、このロゴに決定致しました。

なごみ歯科・矯正歯科のなごみは"和み"からきております。
"和み"とは気持ちを落ち着かせる、しずめるという意味があります。歯科医院は痛みが伴い、行きたくない場所の典型といえるでしょう。そのなかでも、来院された患者さんに少しでも和んで欲しい、このような気持ちから当院を命名致しました。

SNS

Visit us !

Instagram

医院名

なごみ歯科・矯正歯科

院長

東和田 慶直

住所

〒546-0032 大阪市東住吉区東田辺1丁目14−1

電話番号

URL

https://www.nagomi-sika.jp/

診療内容

むし歯/歯周病/入れ歯(義歯) /小児歯科/予防・クリーニング/歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科・小児矯正/ホワイトニング/マタニティ歯科診療/訪問歯科診療

概要

大阪市東住吉区東田辺の【なごみ歯科・矯正歯科】では、患者さんに「なごみ」のある空間で歯科診療を受けていただきたいと考えています。一般歯科をはじめ、小児歯科、予防ケア、インプラント治療、矯正歯科、マタニティ歯科診療、などを行っています。

各種保険取り扱い

保険診療を主軸に診療を行っています。
自由診療は選択肢の一環としてご説明し、ご希望の方に行います。

予約優先診療

待ち時間軽減のため、ご予約はお電話 (06-6115-8910)にてご連絡ください。

急患随時受付

柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございますので、ご来院いただく前に一度お電話 (06-6115-8910)にてお問い合わせください。

待ち時間の軽減のため、
予約優先で診療を行っております

お電話でのご予約

TEL.06-6115-8910

インターネットでご予約
(24時間受付)

スマートフォンご利用の方はQRコードの読み込みからもご予約できます。

ご予約はこちら

クレジットカード決済のご案内

VISA・MasterCardを
ご利用いただけます。

WEB予約
電話をかけるWEB予約LINE予約