なごみ歯科・矯正歯科

マタニティ歯科|大阪市東住吉区で歯科をお探しの方はなごみ歯科・矯正歯科まで

homeマタニティ歯科

マタニティ歯科

こどもの治療方法(脱感作療法)
妊娠中は、つわりで歯みがきが不十分になったり、食生活の変化でお口の環境にも影響が出やすい、デリケートな時期です。またホルモンバランスの変化によって、歯ぐきの腫れや出血、口臭が強くなるといった「妊娠性歯肉炎」も起こりやすくなります。
歯周病菌は早産や低体重児出産などにかかわり、むし歯菌は生まれてきた赤ちゃんのむし歯感染にも影響がありますので、早めのケアが肝心です。
当院では歯のクリーニングをはじめ、食事のアドバイスも行っています。

妊婦さんへの
歯科治療について

妊婦さんへの歯科治療について
基本的には妊婦さんへの歯科治療は極力避けたほうがよいとは思います。しかし、実際問題として妊娠中に歯の調子が悪くなったり、痛くなったりすることもあると思います。極力避けたほうがよいけれども、実際に歯の調子が悪くなった時にはどうするのでしょうか?

当然ですが、患者さんの状態によって異なります。痛みが強い場合は、やはりある程度の治療をしないといけないと思います。あまり症状がない、痛みが少ない場合は、比較的侵襲がない治療をしたり、あえて治療しないということもあります。

妊婦さんの歯科治療はメリット、デメリットがどうしてもつきものです。なごみ歯科・矯正歯科では患者さんの気持ちに寄り添いながら、治療すべき時はしっかりと治療させていただき、控えたほうが良い歯科処置は、出産後にさせていただくことを丁寧に説明いたします。
WEB予約
電話をかけるWEB予約LINE予約