なごみ歯科・矯正歯科

インプラント・歯科口腔外科|大阪市東住吉区で歯科をお探しの方はなごみ歯科・矯正歯科まで

homeインプラント・歯科口腔外科

インプラント治療

インプラント治療
インプラント治療は歯を失った場合の治療法の一つです。人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に歯を被せるという治療方法です。
入れ歯やブリッジと異なり、メリットとしては、隣にある歯を削る必要性がなく、耐久性にも優れています。シンプルな形態のために審美的にもきれいな形をしています。
一方で、デメリットとしては、外科的な治療(手術)が必要になるため、体に負担となったり、全身状態を考慮してインプラント治療を受けることができない場合があること、治療期間が長いことや、費用が保険外治療(自費)となることなどが挙げられます。
当院では、歯を失った場合の治療の一つとして、入れ歯・ブリッジなどと共に説明しながら、患者さんにインプラント治療をご提案しています。

治療の流れ

Step1
Step1画像
問診と検査
インプラント治療の対象となるのか、全身状態の確認、CT検査、歯周病検査
Step2
Step2画像
インプラント治療についての説明
期間、費用、インプラント治療についての注意点、他の治療との比較について
Step3
Step3画像
インプラント埋め込み手術
(投薬などを含む)
次の日に消毒、1週間後に抜糸
Step4
Step4画像
数ヵ月後にアバットメント(土台)の作製及び装着、
仮歯の作製・調整
Step5
Step5画像
インプラントの最終的な
かぶせ物の作製
Step6
Step6画像
治療後のメンテナンス
インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋め込む手術ですので、治療期間は他の治療と比べると長くなります。

インプラントの埋入後、「やっと治療が終わった」と安心される方も多いと思いますが、そこで終わりではなく、上部の歯を入れた後の口腔ケアも非常に重要です。
インプラント治療の終了後も、定期的に歯科健診を受けることで、異常やトラブルの早期発見、早期治療に繋がりますので、メンテナンスにも必ず通院しましょう。

なごみ歯科・
矯正歯科の
インプラントに
ついて

なごみ歯科・矯正歯科のインプラントについて
当院のインプラントはZimVie社のインプラントを用いております。インプラント自体はスウェーデンのブローネマルク先生という整形外科医の先生が開発したものです。インプラントは日本製がよいと思われるかもしれませんが、インプラントは海外のものを使用するのが主流です。
日本よりも欧米のインプラントの方が治療成績が良いとのデータもあり、当院でも海外製のインプラントを用いてます。あまり聞きなれないメーカーかもしれませんが、インプラントの世界的シェアは第3位です。

院長よりひとこと

歯を失う原因は、患者さんによって異なります。
補綴(ほてつ)治療のひとつとして、インプラント治療を歯科医院で勧められることも多いと思います。しかしすべての患者さんにおいて、インプラント治療がベストというわけではありません。
患者さんによっては、インプラントよりもブリッジや入れ歯がベストであるケースもあります。
当院では検査の結果をしっかり踏まえて、一人ひとりの患者さんに最も適した治療法を提案しています。じっくりと検査やご相談を重ね、一緒にベストな治療を探しましょう。

親知らず

親知らず
親知らずとは第3大臼歯と呼ばれる歯です。昔は、親知らずで困る人はあまりいませんでした。なぜかというと、親知らずが生えてくるための顎のスペースか十分保たれていたからです。
硬い物をあまり噛まなくなってしまった現代人は、顎が退化し、親知らずが生えるスペースが小さくなりました。
親知らずが生えてくるスペースが空いてなければ、横や斜め、歯ぐきが被った状態で生えてきます。その影響で不自然にできてしまったスペースにばい菌が溜まり、痛みや腫れが出るのです。
親知らずのトラブルが出たら、放置しても治ることはありません。早めに歯科医院で治療することをおすすめします。

院長よりひとこと

親知らずの抜歯は痛み、腫れを伴いますので、なるべく抜歯したくないと考えているかと思います。
当院では十分説明をした後に、抜歯をするかどうか決めていきます。抜歯は勇気が要りますよね。私も親知らずの抜歯をためらっていた時期がありました。
最後に、親知らずの抜歯はクリニックでは難しいこともありますので、そのような場合には大きな病院への紹介をさせていただきます。

顎関節症

顎関節症
顎関節症とは、顎の関節の障害や、顎を動かす筋肉の緊張、ストレスなどの様々な原因から起こり、「食べる」ことや「話す」ことなどに支障をきたす病気です。
顎関節症が疑われる人は、「顎が痛い」「口が開かない」「顎を動かすと音がする」などの症状で受診される方が多く、男女比では若い女性が多いと言われています。自然に治癒する場合もあれば、重症化することもあり、治療が難しい病気のひとつです。
お口の開閉に支障があるようでしたら、なごみ歯科・矯正歯科までご来院ください。

院長よりひとこと

顎関節症の治療は非常に困難です。現在でも治療方法が確立されていない部分も多いです。
まず比較的介入が少ないものから行っていきます。それでも困難な場合は、他病院と連携をしながら治療を進めていきます。

歯の移植治療

歯の移植治療
悪くなってしまった歯を抜くことは、どの医院でもしているでしょう。
なごみ歯科・矯正歯科では、まず歯の保存を試みます。しかし、治療の甲斐なく症状が良くならない場合は、抜歯せざるを得ない状況となります。
もし治療をしても症状が良くならない場合は、親知らずを移植する自家歯牙移植を検討しませんか?なぜ親知らずを移植するのかというと、親知らずの移植は保険診療の適応であるからです。どの歯をどの部位に移植しても本来は問題はないのですが、親知らずの移植のみ保険診療が可能です。

歯を抜いてインプラント、ブリッジ、入れ歯にするというのはどこの歯科医院でも説明を受ける治療方法です。
しかし、インプラントに勝るのはご自身の歯そのものなのです。親知らずの移植をしても、難しいようならインプラント、ブリッジ、入れ歯の治療も可能です。
すでに悪い歯を抜いて親知らずを移植することで、よく咬めるようになった方もいらっしゃいます。

インプラントも素晴らしい治療法かと思いますが、まずは歯の移植の適応でないかを検討してみませんか?

院長よりひとこと

親知らずの移植はホームページで紹介していても、実際に移植してくれる先生は少ないのが現状です。
当院では患者さんに合った治療方法を選択します。どんなことでもご相談いただければと思います。
WEB予約
電話をかけるWEB予約LINE予約