なごみ歯科・矯正歯科

ブログ|大阪市東住吉区で歯科をお探しの方はなごみ歯科・矯正歯科まで

homeブログ

コラム

矯正医にはやく見せたほうがよい歯並び

歯並び(歯列不正)には、骨格や歯の大きさの問題があります。骨格による歯列不正は問題になることが多いです。子どもの場合には、早期の歯科矯正治療により、後々の骨格の不正を改善できる可能性があります。

骨格の不正に関しては、成人になっても外科的な手術をおこなうことにより改善は可能ですが、外科的な侵襲はなるべく避けた方がよいことから、矯正歯科医師に早く見せた方が良い歯並びを紹介します。

叢生、反対咬合 上突咬合、交差咬合、開咬、過蓋咬合、空隙歯列

叢生

重度叢生の写真
叢生

叢生(がたがたの歯並び、八重歯等)は軽度・中程度・重度の状態によりますが、中程度・重度叢生の場合は早期治療がのぞましいです。

反対咬合

反対咬合の写真
反対咬合

これはある程度早期から治療したほうがよいといわれております。

過蓋咬合の写真
過蓋咬合

あまり見た目の印象はわるくありませんが、かみあわせが深く長期的には前歯の負担が大ききなるために、長期的にはあまりすすめていません。小児期ではマウスピース矯正治療で効果が認められるために、積極的に治療したほうがよいかとおもいます。

上下前突

上下前突の写真
上下前突

早期治療がのぞましいです。

空隙歯列

空隙歯列

空隙歯列はあまり積極的に治療することはすすめておりません。むし歯の観点からいうと空隙歯列弓のほうが、むし歯にはなりにくいです。しかし審美的な問題が気になるようであれば、矯正治療を勧めます。当院でもそのことを説明してから治療しております。

なごみ歯科・矯正歯科の矯正治療のページへ

 
WEB予約
電話をかけるWEB予約LINE予約