なごみ歯科・矯正歯科

ブログ|大阪市東住吉区で歯科をお探しの方はなごみ歯科・矯正歯科まで

homeブログ

コラム

歯医者が教えるインプラント歯科の選び方|東住吉区の歯医者

インプラント歯科治療は高額のため、一度患者さんに埋入したインプラントはインプラントを埋入した先生でないと治療してくれないと考えています。
インプラントをその歯科医院で行うと、その歯科医院と付き合っていくことになります。インプラントを埋入した後で、他院に治療の続きをしてもらおうと変わろうとしても難しいことが多いです。よって患者さんはインプラント治療をする際の注意点についてお話します。

日本インプラント学会のインプラント歯科医院の選び方

①インプラントを埋入する先生の年齢も考慮する。


インプラントは一度埋入すると、基本的に半永久的に埋入したインプラントを管理が必要になります。しかしながら不幸にも、インプラントを埋入してくれた先生が、患者さんよりも先に亡くなっているケースもあります。インプラントを埋入してくれた先生が院長の場合は、基本的に歯科医院は閉院となると思いますが、閉院になった場合、どのインプラントメーカーを使用したのか等の情報を得るのが非常に困難になります。普段生活には問題ありませんが、歯科インプラントになんらかのトラブルが出た場合に、違う歯科医院で対処できない可能性があります。よって、あまり高齢の先生にインプラントをしてもらうのは自分としては反対です。その医院の院長の子供等の後継者がいる場合は別ですが。。。当院でも他院のインプラント患者さんが増えてきており、リカバリーすることも多くなってきました。

②CTがある歯科医院


最近は減りましたが、いまだにCT撮影なしにインプラントを埋入先生もいらっしゃいます。インプラント治療は高額になるので、検査の一部であるCT撮影を行った上で、しっかりと万全の体制にてベストな治療を行うべきものだと考えます。CTの撮影をすることにより、インプラントを埋入していく骨の形態をより正確に把握できます。口の周りには骨、神経、血管があります。インプラントも骨にあれば全く問題はありませんが、神経や血管にインプラントが触れるとそれはさまざまな症状を引き起こします

CTとセファログラムの複合機

③普段の治療の消毒・滅菌レベルが高い。

インプラント治療の時だけ滅菌、消毒をきちんとしている歯科医院はありません。普段の治療でも滅菌・消毒をきちんとしている歯科医院ではじめてインプラントという高度な外科治療の滅菌・消毒もきちんとしていく歯科医院になると考えております。あたりまえですが、歯科医院の清掃が悪い。清潔な感じが乏しい。普段の治療での器具、グローブの使い回しが明らかにみられる。そのような歯科医院で良いインプラント治療がおこなえるとは思えません。院長に消毒・滅菌等のこだわりをきいてみるのもよいかもしれません。

なごみ歯科・矯正歯科のホームページへ

 
WEB予約
電話をかけるWEB予約LINE予約